Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。
千葉県全域対応

千葉県の専門会社アイエフテクノサービス株式会社
ガス給湯器交換・井戸ポンプ交換・バスリフォームの
エキスパートカンパニーです

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いのガス給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県全域・茨城県を中心にお客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスおよび作業工事をご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

太陽熱温水器とは? 太陽光発電やエコキュートとの違いについて

日常生活を送る上で電気、水道、ガスの光熱費は必ず発生するものですが、節約を意識していても使用量を減らすのはなかなか難しいですよね。なかでも家庭で使用するガスは入浴時の給湯が多く占めており、全体の約3割といわれています。
そこで、その入浴時のガス代を減らすのに有効な「太陽熱温水器」というものをご存知でしょうか?
太陽熱温水器は、太陽光を利用して無料でお湯を沸かすことができるもので、これを導入すれば月々のガス代を安く抑えることが可能になります。
そこで今回は、太陽熱温水器の仕組みやメリット、デメリットなどを解説していきますので、取り入れるかどうかぜひ参考にしてみて下さい。

太陽熱温水器とは? 太陽光発電との違い

太陽熱温水器は太陽光を利用し、タンクの水をお湯に変える機器になります。水を貯めるタンクと、熱を集めるソーラーパネルがセットになっています。
1970年代頃から家庭に広まりましたが、2000年代からは電気代を削減できる太陽光発電などの競合が現れ、普及率が低下していきました。
しかし、近年では「設置費用の安さと簡単さ」を理由に太陽熱温水器も徐々に再び注目を浴びてきています。

太陽熱温水器と太陽光発電の違いとして、まず太陽熱温水器は太陽エネルギーを利用して貯湯タンクの水をお湯へと変える仕組みとなっています。
太陽光から電気を生み出すものが太陽光発電で、太陽熱温水器はお湯のみを沸かすものであり、太陽光発電の半額以下で導入ができることが大きなメリットです。

家庭で使用するガスは入浴時の給湯が多く占めているので、太陽熱温水器を導入することでその分のガス代を大幅に節約できるのが魅力となっています。

太陽熱温水器の種類は大きく分けて2つ

太陽熱温水器には以下の2つのタイプが存在します。

自然落下式

屋根の上で温めたお湯を直接その真下にある湯船に流して使うという、とてもシンプルな仕組みになっています。
沸かしたお湯をシャワーに使えないというデメリットがありますが、初期導入費用が20~30万円と安く、DIYに自信のある人は自作をするくらい簡単なものになります。
この費用や手間の元を取れるかどうかは家庭のガス使用量で異なりますが、導入費用が安いためリスクはかなり低いです。

水道直結式(ハイブリッド型)

自然落下式が湯船に流すのに対し、湯船ではなく給湯器に供給するものになります。既存の給湯システムに近い形で使用でき、シャワーのお湯としても使えて温度調整もできます。
しかし、自然落下式に比べて初期導入費用が高いのが難点で、約50~100万円が相場です。
予算がある場合は水道直結式を導入しても良いのですが、元を取るまでに時間がかかる可能性があるため、導入前には慎重に検討する必要があります。

エコキュートとの違い

太陽熱温水器はエコキュートとも比較されることが多いので、その違いも解説します。
太陽熱温水器が太陽熱でお湯を沸かすものだということは前述しましたが、エコキュートは家庭の電気を使ってお湯を沸かします。

ランニングコストは、エコキュートの場合ガスの代わりに電気でお湯を賄う必要がありますが、オール電化にすることでトータルの光熱費を削減できる可能性があります。
一方で太陽熱温水器の場合、電気代は今までと変わらずお風呂のお湯で発生するガス代が無くなるため、そのままガス代を削減することができます。

導入費用は、エコキュートが50万円前後で、太陽熱温水器は前述したとおり自然落下式で20~30万円、水道直結式で50~100万円ほどです。
どちらを導入するのが得かどうかは各家庭によって異なるので、それぞれ見積もりをとってもらうと良いでしょう。

冬場や雪国でも使える?

太陽熱温水器は冬や雪国でもお湯を沸かせるのかどうかが気になるところですが、これは使用する機器や、設置の仕方によって大きく左右されます。
最新型の高性能のものでは冬場や寒い地域でも温かいお湯を沸かしやすいのですが、古いモデルだと給湯の温度が高まりにくいことがあります。
その場合は従来のガスを使って賄う必要が出てくることもあるため、結果としてあまりガス代の節約にならない可能性もあります。

また、冬場は日照時間が短くなり、お湯の使用量も増える傾向になるのでエネルギー不足も心配されます。
しかし、機器を45度前後の角度にして取り付けると太陽光を多く取り込むことができ、西側に傾けて設置すると夜の入浴に向けてお湯を貯めやすくなります。
このように工夫次第で大きく恩恵を受けることが可能です。

いずれにしても太陽光を取り込めるように設置する必要があるため、角度や周囲の環境には注意しなければなりません。
自身で判断しづらい場合は、DIYではなくプロの施工店に依頼する方が確実で安心です。

まとめ

まとめ
太陽熱温水器は太陽光でお湯を生み出すため、ガス代の節約と家庭から出るCO2の削減効果があります。
地球に優しく、少額でも導入できるのがポイントで、設置する角度や場所などの工夫によって冬場でも温度の高いお湯を生み出しやすくなります。
電気を使用できる太陽光発電ほどではありませんが、非常時の備えにもなるのでおすすめです。

ただし、高額な初期費用で導入してしまうと元をとることが難しくなるので、その点には注意をしつつ、エコで光熱費を抑える一つの手段として検討してみると良いでしょう。

910 Magazine

お風呂に使うだけじゃない! 温泉のいろいろな活用法

火山の多い日本は、同時に温泉がたくさんある国でもあります。
日本の文化や暮らしは温泉と深く結びついており、全国に点在している数々の温泉地は訪れる人々を癒やし、楽しませています。
誰にとっても親しみ深い温泉ですが、入浴する以外の幅広い用途にも使われていることについては、ご存知ない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、さまざまな温泉の活用法についてご紹介します。

温泉のお湯を飲む「飲泉」

入浴以外では比較的ポピュラーな温泉の活用法として、「飲む」というものがあります。
温泉を飲むことは「飲泉」と呼ばれます。
飲泉は日本よりもむしろヨーロッパ諸国の温泉地で盛んに行われています。
ヨーロッパでは温泉と医療とが日本よりもさらに密接に結びついていたことから、飲泉による体への良い影響も早くから知られていました。
また、入浴には適さない冷たい温泉も多いこと、シャワー文化であることも飲泉が盛んである理由のひとつではないかと考えられています。

温泉に入ると健康に良いということは広く知られていますが、温泉のお湯を飲むことによって入浴したときと同じように全身に作用する効果を得られるほか、胃腸や肝臓といった臓器などに局所的に影響することもあることが研究によってわかっています。
特に消化器官への作用が期待できるとのことです。
たとえば温度の高い温かい温泉を飲むと、胃の緊張がほぐれて胃酸過多に効果が期待できます。
逆に冷たい温泉は胃のはたらきを良くし、胃酸の減少や便秘などに効果的です。

ただ温泉にはさまざまな種類があり、飲む人の体調や持病によっては飲むとかえって健康に悪いケースもあります。
どんな温泉でも飲めば健康に良いというわけでは決してなく、泉質や含まれる成分などを考慮して、自分にとって適切な温泉を選ぶのが大切です。
そして衛生的な意味でも、湧いたばかりの新鮮な温泉を飲むようにしましょう。
また、適量を守るのも大事です。
飲泉は水のようにたくさん飲めばいいというものではありません。
1回100mlから150ml程度、1日に飲む量は200mlから500mlほどが適量とされています。

適切な種類の温泉を適量飲むことで、体調を整えることにつながります。

温泉のしぶきや蒸気を吸う「温泉吸入」

全国的に見てもあまり数は多くありませんが、温泉から発生しているしぶきや蒸気などを吸入する設備が整っている温泉地もあります。
「温泉吸入」は、主に呼吸器の疾患に効果が期待できます。
鼻や喉などが刺激されることで粘液が分泌され、鼻・喉の自然な洗浄を促す他、喘息、慢性気管支炎、鼻炎、咽頭炎といった呼吸器疾患に効果的なのだそうです。
温泉の効果的な成分を直接患部へ届けるという意味では、飲泉と同じような活用法ですね。

温泉成分の含まれた泥を使う「泥湯」

「泥パック」がお肌に良いと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
温泉地でも、温泉の成分を含んだ天然の泥を活用することがあります。
普通の温泉と同じように泥を使って入浴するほか、湿布のように痛む箇所などに塗りつけるのも効果的とされています。
泥湯の作用としては、新陳代謝の向上や血圧の低下、神経痛や関節痛・筋肉痛といった痛みにも効果が期待できます。

あたたかい温泉のさまざまな活用法

ここまでは温泉を飲んだり泥を活用したり蒸気を吸入したりと、温泉での療養の方法についてご紹介してきました。
ですが温泉には、さらにいろいろな活用方法があります。

園芸や農業

温泉の蒸気を使ったり熱を活用したりすることで、花や野菜、くだものなどのハウス栽培を行っている温泉地も多いです。
花としてはシクラメンや洋ランなど、野菜はパプリカやミツバ、トマトなど、果物はイチゴやメロンなどが、温泉熱を使って育てられている例があります。
温かい温泉を使ったハウス栽培が可能であることで、本来の旬とはずれた寒い時期にも問題なく野菜や果物、花などを育てて出荷することができるのです。
さらに、温泉熱を利用して栽培された地場産品から地元の特産品となる食品を開発するなど、温泉地産業のさらなる発展にも寄与しているといえます。

魚などの養殖

温泉ならではの温かい水は、エビや鯉など、温かい水温を好む生き物の養殖にも使われています。

地獄蒸し

熱い噴気を利用して、さまざまな食材を蒸したりごはんを炊いたりすることも。
一瞬で蒸し上がるために食材の旨味が逃げずおいしく仕上がるのだそうです。

融雪

使った後の温泉は、冬季には道路などの融雪作業にも使われます。
ハウス栽培でも、使用後の温泉水はそのままハウスの外へ流され、周囲の融雪に活用されるのだとか。
環境に優しいという意味でも大切な活用法です。

温泉暖房

温泉の熱を利用した暖房機も開発されています。環境に優しいだけでなく、部屋全体を効率的に暖められると評判です。
温泉熱を活用した床暖房は、肌にも優しい自然な暖かさといわれます。

まとめ

まとめ
温泉の活用法は、実に多岐にわたります。療養に利用するだけでも、普通に入浴するほかに飲泉や泥湯、温泉吸入など、さまざまな方法で活かされてきました。
そのほかにも、温泉の熱が温泉地全体の観光や産業を支える礎となっていることがよくわかります。
これまで温泉には普通に入るだけで満足していたという方も、これからはもっとさまざまな方法で温泉を楽しんでみてくださいね。

「水の郷百選」にも選定! 水路を活用した町・郡上八幡 井戸ポンプ情報局

「水の郷百選」にも選定! 水路を活用した町・郡上八幡

私たち人間はさまざまな方法を使い、自分たちの住みやすい環境を作ってきました。 しかし、その結果として環境問題が発生したのも事実で、これからは自然と共存していくことが大切でしょう。 そんな中、自然と共存生活をしているお手本のような場所が岐阜県に存在します。「郡上八幡」と呼ばれる地域で、「水の郷」と言われています。

水の郷! 郡上八幡とは

郡上八幡は、岐阜県の飛騨高地の南部に位置している地域で、かつての「八幡町」のことを言い、町域には長良川が流れています。 大規模な合併により、八幡町という名は廃止されましたが「郡上八幡」として広く知られ、現在も岐阜県の出先機関や郡上市の市役所が置かれています。 郡上八幡は、江戸時代に造られた町並みが当時の姿に近い形で残っている旧城下町で、当時は政治や商業を中心とした八幡藩の城下町として栄えていました。 町中の至るところに水路が張り巡らされていますが、この水路は郡上八幡城下の防火を目的として造られたものです。 また、お寺が多く京都に似ているため「奥美濃の小京都」とも呼ばれていて、間口が狭く、奥に深いつくりの家が多いのが特徴です。 観光地の色が強くないため、自然な暮らしを見ることができます。 そんな郡上八幡ですが、1996年に国土庁から「水の郷百選」に選定されました。 では、なぜ郡上八幡が「水の郷」なのでしょうか?

郡上八幡は上手に水路を使っている

前述したように、市街地には多くの水路が張り巡らされており、景観として美しいのはもちろん、それだけでなくしっかり生活用水としても使われているのです。 その代表的なものが「水舟」です。 水舟とは、二層もしくは三層の階段状になっている水槽のことで、郡上八幡の町中で見かけることができ、個人の宅の敷地内に湧水や山水を引き込んでいます。 水槽は一番上を飲み水にし、中段は野菜や果物を洗ったり冷やしたりする場として利用、下段で食器洗いをし、ここで流れた食べ物の残りが下の池で飼育されている鯉や魚の餌となる構造になっています。 この水舟は400年以上前から存在し、水という資源を利用し、環境を汚さない工夫までしてあるのです。 また、観光用の水舟もいくつか設置されていて、そこでは水を飲むことができます。 その他にも、水路を用いた「カワド」と呼ばれる共同洗濯所があり、すすぎ洗いに多く使われています。 自然の水と共存し、大きな恩恵を受けていることが「水の郷」と言われる理由です。

郡上八幡の観光

郡上八幡は生活と水の魅力もさることながら、かつて城下町として栄えていたため、観光地としての魅力もあります。

宗祇水

宗祇水(そうぎすい)は、1985年に環境省が第1回「日本名水百選」に指定した湧き水で、そこから多くの人に知られるようになりました。 別名で白雲水(はくうんすい)と呼ばれています。 「宗祇」という室町時代の連歌師が由来であるとされていて、古今伝授を終えたあと京に帰る際にこの湧水を飲んで歌を詠んだと伝えられています。 今でも水が湧き出していて、郡上八幡の代表的なシンボルとして多くの人々に親しまれています。 商店街の一角にある祠の下から水が流れ、郡上八幡の町並みを通って、吉田川に注がれていきます。

古い歴史を感じる町並み

郡上八幡は城下町らしい軒の低い町並みになっており、職人町、鍛冶屋町は、国の重要伝統的建造物保存地区に、柳町は国の伝統的建造物保存地区に選定され、水路と町家が一体化した景観が見どころです。

いがわこみち

全長100メートルほどの小道で、傍を流れる用水路で鯉や鮎などの川魚が泳ぎます。 洗濯場が3ヵ所あり、すすぎものをしたりスイカを冷やしたりしながらコミュニケーションをとる社交の場となっています。

やなか水のこみち

両側に美術館があり、「美術館どおり」と呼ばれることもあります。 玉石が敷き詰められた小道で、玉石は吉田川や長良川で採取され、町の名前にちなんで「8万個」あるとされています。

吉田川

長良川に流れ出る川で、清流のシンボルです。 吉田川への飛び込みは郡上八幡で受け継がれた伝統で、夏になると架かる新橋から川へ飛び込む子供たちの姿を見ることができます。

水まんじゅう

町内の和菓子屋さんでは、郡上八幡の名水を利用した「水まんじゅう」を見ることができ、お土産にも人気です。

名水の街・郡上八幡を堪能しよう!

名水の街・郡上八幡を堪能しよう 郡上八幡は、自然の特性を活かしてエコな生活を実現させています。 私たちが暮らす地域でも、工夫次第では自然を活かした生活ができるかもしれませんね。 また、今回ご紹介した場所以外にも素晴らしい場所がたくさんあるので、機会があればぜひ名水の街を堪能してもらいたいと思います。
水へ感謝捧げるお祭り?! カンボジア「水祭り」 井戸ポンプ情報局

水へ感謝捧げるお祭り?! カンボジア「水祭り」

世界各国には、「水」をテーマにしたお祭りが多く受け継がれています。カンボジアで毎年開催されている「水祭り」も、そうしたイベントの一つといえるでしょう。 カンボジアの水祭りは、具体的にどのようなお祭りなのかご存知でしょうか?

カンボジアの「水祭り」とは?

カンボジアの水祭りは、毎年11月の初め頃に行われています。 水祭りは、約半年間も続いた雨季がようやく明けることを祝うためのイベント。このため、雨季明けの11月に合わせて行われています。 古くから「水の王国」とも呼ばれてきたカンボジア。その国土の多くが、メコン川流域にあります。 雨季に降る雨の恵みは非常に大きなものである一方、洪水被害に見舞われる年も少なくありません。 水祭りには、そうした時期を乗り越えられたことを祝う意味も込められているのでしょう。 カンボジア国民にとって、水祭りは非常に大切な年中行事の一つです。 11月を迎え、最初の満月の前後3日間をかけて、大々的にイベントが行われます。 祭りの期間中、カンボジア国内は祝日でお休みに。 首都プノンペンでは、川沿いに多くの出店が立ち並び、地元の人々と多くの観光客でにぎわっています。

水祭りの見どころは?

カンボジアの水祭りでは、3日間にわたって数多くのイベントが開催されます。 ライブや花火、ボートレース大会など…祭りを訪れた人たちは、思い思いに楽しんでいます。 こうしたイベントの中でも、特に高く注目されるのがボートレース大会です。色とりどりのボートが、メコン川とトンレサップ川に浮かび、順位を競います。 日本でボートレースと言えば、エンジンを積んだボートが猛スピードで疾走するレースを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? カンボジアの水祭りで行われるレースは、すべて手漕ぎボートで行われるもの。 伝統工法を用いて作られたシンプルなボートには、カラフルな衣装に身を包んだ大勢の人が乗り込みます。 全員揃って、パワフルにボートを漕ぐシーンは圧巻です。 ちなみに、祭りの当日にレースに出場できるのは、各地域の予選を勝ち上がってきたチームのみ。 実力派チーム同士が熱いバトルを繰り広げ、観客たちを沸かせてくれるでしょう。 カンボジアの水祭りは1,000年以上続く歴史的なイベントであり、有名な寺院にはボートレースの様子が描かれています。 現代においても、カンボジア国王や首相も招いて行われる、非常に大規模なイベントといえるでしょう。 ちなみに、水祭りのメインイベントともいえるボートレースですが、天候や水量、各種社会情勢などが原因で開催されない年もあります。 現地を訪れ、迫力満点のボートレースを目撃できたら、とてもラッキーですね。

カンボジアの水祭りは夜も美しい

昼はボートレースで熱狂に包まれる水祭り。日が落ちて夜を迎えたあとも、まだまだ熱気はおさまりません。 華やかなレース用のボートにかわって登場するのは、電飾で彩られた美しいボートです。 水祭りを開催する目的の一つは、満月に敬意を示し、豊かな大河の恵みに感謝すること。 色とりどりの電飾で彩られたボートは、ゆったりと川を上ったり下りたりして、多くの人の目を楽しませてくれるでしょう。 バックには伝統的な音楽が流れ、祭りならではの雰囲気を盛り上げてくれます。 最後には盛大に花火が上がり、参加者の気持ちを一つにしてくれます。 昼間の熱狂とは一味違う厳かな儀式にも、ぜひ注目してみてくださいね。

実際に水祭りに行ってみたい! 注意点は?

カンボジアを訪れるなら、一度は目にしたい水祭り。観光客向けのツアーも人気ですから、利用するのがオススメです。誰でも手軽に現地のお祭りの雰囲気を楽しめるでしょう。 水祭りの時期のカンボジアは、乾季の中でも比較的涼しい時期に当てはまります。 とはいえ、日中の気温は30度前後まで上昇しますし、夜になってもあまり下降しません。 風通しがよく、着心地の良い衣類を選択すると良いでしょう。 また、水祭りの期間中は、首都プノンペンの一部にて交通規制が実施されます。 車はもちろん、現地で重要な足となるバイクの進入も不可能になるため、移動には十分注意しましょう。

カンボジアで行われている「水かけ祭り」とは?

カンボジアで水に関するお祭りと言えば、水祭りのほかに「水かけ祭り」と呼ばれるものがあります。よく似た名前ですが、全くの別物。 こちらは、クメール正月にあたる4月に行われる行事です。 お正月と言えば、一年を終え、新たな年を迎える時期。農民にとっては祝日であり、体を休める時期でもあります。 旧年中の汚れを落とし、新たな年が祝福でいっぱいになるよう、誰彼構わず水を掛け合うのが水かけ祭りの伝統です。 日本で4月といえばまだまだ肌寒さも残る時期ですが、カンボジアでは乾季の中でも暑季にあたります。 雨季を迎える前の、一年でもっとも暑い時期に行われる年中行事の一つです。 水祭りではなく、水かけ祭りの方に出かける際には、水をかけられびしょ濡れになっても大丈夫なよう入念に準備を整えておきましょう。

祭りを通じて水の恵みに感謝を捧げよう

祭りを通じて水の恵みに感謝を捧げよう 大きな川の流域に国土が広がるカンボジア。水がもたらす恵みは非常に大きく、人々の暮らしを根底から支えてくれているのでしょう。 だからこそ、水にまつわるイベント「水祭り」も大々的に行われています。カンボジアを訪れた際には、ぜひこちらのお祭りにも注目してみてくださいね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県全域・茨城県を中心に、高品質なサービスおよび作業工事の提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP