Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。
千葉県全域対応

千葉県の専門会社アイエフテクノサービス株式会社
ガス給湯器交換・井戸ポンプ交換・バスリフォームの
エキスパートカンパニーです

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いのガス給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県全域・茨城県を中心にお客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスおよび作業工事をご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

知っておきたい! 赤ちゃんの「沐浴」の準備と手順について

新生児をベビーバスで入浴させることを「沐浴」といいます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、新陳代謝が活発で汗や皮脂が分泌されていますが、抵抗力が弱く皮膚はとてもデリケートです。
大人にとっては新しくてキレイなお風呂の水でも少なからず雑菌が残っているため、雑菌に対する抵抗力が高まる生後1ヶ月頃までは大人と一緒に入るのではなく、ベビーバスで一人で入浴させるようにします。
今回は、沐浴の準備や手順について詳しく解説します。

沐浴の頻度はどのくらい?

はじめに、沐浴はいつ、どのくらいの頻度で行えば良いのでしょうか?

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗をかいていないように見えても、たくさんの汗や皮脂が分泌されています。
肌を清潔に保つために、基本的には1日1回、汗をたくさんかく夏場は1日2~3回入れてあげても良いでしょう。夏場以外でもたくさん汗をかいたり、排泄物で汚れたりしたときは、お湯にさっと浸けてあげても良いです。

時間帯は、授乳後1時間以内、空腹時、深夜に入浴することはなるべく避け、毎日同じ時間に入浴させるのが理想的です。
毎日同じ時間にするのは赤ちゃんの生活リズムができ、1日のスケジュールが立てやすくなるためです。

また、慣れないうちは一人でお風呂に入れるのは難しいので、なるべく他の家族の協力が得られる時間帯にお風呂に入れることをおすすめします。

沐浴するのに最適な場所について

沐浴を行う場所は、赤ちゃんが寒くなく、ご自身が動きやすく負担の少ない場所であればどこでもかまいません。
お風呂場や洗面台、キッチンのシンクなどは、お湯を用意したり排水したりするのがとても簡単な場所です。

冬場は浴室が寒いことも多いので、エアコンのあるリビングで入浴させる人も多いですし、ベビーバスの下に防水シートを引いて、テーブルの上で赤ちゃんを入浴させることもできます。

室温は20~25℃が良く、調節する際はエアコンや扇風機の風が直接赤ちゃんに当たらないようにしましょう。
また、ベビーバスを落下や転倒の危険性がある場所に置かないように注意して下さい。

沐浴に必要なもの

ベビーバス

ベビーバスはゆったりとした大型タイプ、硬い素材でできた浴槽タイプ、キッチンや洗面台にセットできるタイプ、空気を入れて膨らませるタイプなどがあり、形は横型、円筒型、折りたたみ型などが存在します。
浴槽の底に排水栓があればお湯を直接捨てられるので、自身の負担も軽減されます。サイズや形は、赤ちゃんを入れる場所で使いやすいものを選びましょう。

洗面器

洗面器はガーゼハンカチをお湯で湿らせたり、湯冷ましの準備したりするのに使います。
持ち手のある小さめのサイズは片手で持ちやすいのでおすすめです。

湯温計

お湯の温度を調節することが意外と難しいので、湯温計があると便利です。

沐浴布(もくよくふ)

赤ちゃんの体が隠れるくらいの大きさのガーゼやタオルで、赤ちゃんは裸で何も持っていないと怖がって泣いてしまうことがあります。
この沐浴布を体にかぶせたり、手に持ったりしてあげると、赤ちゃんの不安を和らげ、体を温めることができます。

ベビー用石けん・シャンプー

石けんやシャンプーは、添加物が少なく食品由来成分を含まない低刺激の石けんを使いましょう。
泡タイプの石けんは、手で泡立てる必要がなく赤ちゃんを支えながら使えるので便利です。
液体や固形石鹸は、直接体につけずよく泡立ててから使用するようにしましょう。

ガーゼ

赤ちゃんの体についた石けんを洗い流し、目や顔を拭いたり、水分を拭き取ったりするのに使用します。

バスタオル

バスタオルはご家庭にあるもので問題なく、普通のバスタオルを半分に折って使ってください。

お風呂上がりのタオル

赤ちゃんを寝かせたまま、四角いタオルで体を拭くのに必要です。

お風呂上がりのスキンケアグッズ

細かい部分の水分を取るための綿棒と、赤ちゃんの肌に合った保湿用の化粧水やオイルを用意しておきましょう。

沐浴前準備のポイント

沐浴は赤ちゃんが冷えないように手早く行うことが大切です。
しっかりと準備をし、段取りや流れがわかっていれば、焦らずに沐浴をすることができます。

まず、沐浴の前に赤ちゃんの着替えを用意します。
肌着やベビー服、おむつ、バスタオルをお風呂上りに使う順番に下から順番に重ねて広げておきます。

赤ちゃんに使うお湯の適温は38℃くらいで、水温計を使って温度を調節してください。
湯量はベビーバスの1/2~2/3程度が目安ですが、もし赤ちゃんを支えられるかどうか不安な場合は、赤ちゃんが浮かないように少なめの湯量で使用しましょう。

必要なものを用意し、お湯が適温になったら、赤ちゃんを沐浴させる作業に入ります。
赤ちゃんは、のぼせやすく湯冷めもしやすいため、お湯につかる時間は約5分、着替えを含めると10分までが目安です。

沐浴の手順

では、赤ちゃんのお風呂の入れ方と手順について詳しく解説していきます。

1.赤ちゃんをお湯の中に入れる

沐浴布をかけ、赤ちゃんの頭とおしりを支えながら足からゆっくりお湯につけます。
裸になったりお湯につかったりするのが怖くて泣いてしまう赤ちゃんもいますが、そんな時は沐浴布を持たせたり、包んだりしてあげると恐怖心が和らぎます。
足元からやさしく湯船に入れますが、利き手を使う方が洗いやすいので、利き手ではないほうの手で首を支えるのがおすすめです。
お湯が耳に入らないように、首を支えている方の手で赤ちゃんの耳をやさしく覆ってあげましょう。

2.目を拭く

まず、お湯で湿らせたガーゼハンカチを指に巻きつけ、目やにをやさしく、しっかりと落とします。
ガーゼを洗うか、別の面を使うかしながら、片目ずつ拭きましょう。

3.顔周りを拭く

次に、額、鼻、あご、口のまわり、耳の後ろをやさしく丁寧に拭きます。細かい部分は、ガーゼを指に巻きつけて行うと汚れが落ちやすくなります。
赤ちゃんがお風呂に慣れてきたら、泡立てた石けんでやさしく顔を洗って下さい。

4.頭を洗う

頭全体をお湯で濡らしてから、泡をつけ、指の腹でやさしく頭皮を洗います。
ゴシゴシこすらず、手のひらで赤ちゃんの頭皮を軽く包み込み、洗い終えたらお湯ですすいで石けんを落とし、水分を拭き取ってください。

5.体を洗う

体を洗う部分から沐浴布をとり、仰向けの状態で、首、腕、わきの下、おなか、手のひら、足を洗います。
石けんをつけた手で円を描くようにさすり、皮膚が重なっている部分(首まわり、わきの下、ひじ、足の付け根、ひざの裏など)は特に丁寧に洗いましょう。

6.背中とおしりを洗う

赤ちゃんを仰向けにし、手のひらで赤ちゃんの胸を支え、背中全体と首の後ろからおしり、足先まで洗います。
汚れやすいお尻は、特に念入りに洗ってあげて下さい。

7.お湯ですすぐ

全身を洗った後は、お湯の中ですすぎます。赤ちゃんをお湯に浸けて少し温めてから、洗面器やシャワーですすぎます。
時間がかかると赤ちゃんが疲れてしまうので、手早く段取りをしてあげましょう。

8.お湯から上がる

最後に、赤ちゃんの体をお湯に浸けてリラックスさせ、頭と腰を支えてそっと持ち上げてお湯の中から出します。
用意していたバスタオルの上に赤ちゃんを下ろし、全身を包み、強くこすらず、優しく押さえるようにして水分を拭き取ります。
前述した皮膚が重なっている部分は水分が残りやすく、かぶれの原因になるのでより丁寧に拭き取りましょう。
鼻や耳の水は綿棒で取りますが、奥まで入れず表面の水分を軽く取り除く程度にして下さい。

9.入浴後のケア

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、入浴後は乾燥を防ぐためにベビー用スキンオイルやローションなどの保湿剤で保湿をしましょう。
また、湯冷めしないようにケア用品はあらかじめ用意しておくことも忘れずにいて下さい。

沐浴は家族みんなにとって大切な時間

沐浴は家族みんなにとって大切な時間
赤ちゃんは一般的には新生児期を過ぎ、1ヶ月健診を終えるころには大人と一緒にお風呂に入ることができるようになります。
最初は準備や手順に戸惑って不安かもしれませんが、沐浴ができる期間は1ヶ月と短いので、ぜひ親子のスキンシップやリラクゼーションのための時間として楽しんでくださいね!

910 Magazine

毎日の家事をもっと楽に! お風呂掃除にオススメの便利グッズ

からだを洗う場所ということもあり汚れやすい上、常に濡れていて湿度が高く、水垢やカビなどが発生しやすいお風呂。なるべくきれいな状態に保っておきたいものですが、毎日こまめに掃除をするのは大変ですよね。
そこで、日々のお掃除やお手入れの負担を減らすためにオススメなのが、便利なお風呂掃除グッズです。
今回は、日頃の家事負担を軽減してくれる掃除グッズをご紹介します。

お風呂掃除に便利なグッズを選ぶポイント

お風呂掃除をするには、スポンジやブラシ、洗剤などのアイテムが必要になります。
これらの基本のアイテムも、選び方を知っていると使いやすいもの・高い洗浄効果が期待できるものをチョイスできて掃除がさらに楽になるはず。
まずはどんなポイントに注目して選べばいいかを見ていきましょう。

スポンジ

スポンジにはさまざまな種類があるため、用途に合わせて適したものを選ぶだけで掃除の負担がぐっと軽減されます。
毎日の簡単な掃除でさっと軽い汚れを落とす際にはやわらかいスポンジ、しっかりお掃除したいときには研磨剤入りのスポンジやしっかり磨ける柄付きのスポンジがオススメです。

掃除用ブラシ

凹凸のある箇所や汚れが頑固なときに役立つのがお風呂掃除用のブラシです。
こちらもスポンジと同様に用途によって使い分けるとお掃除の効率がぐっと上がります!
持ち手の短いハンディタイプと立ったまま使える長柄タイプに分かれる他、電動でブラシが動いて汚れを落としてくれるもの、水だけで汚れを落とせるものなどさまざまなタイプがあり、それぞれにメリット・デメリットも異なるので、用途に合うものを選ぶようにしましょう。

洗剤

お風呂掃除には欠かせない洗剤。
効率よく汚れを落とすのであれば、汚れの反対の性質を持つ洗剤がオススメです。
つまり、酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効果的ということです。
毎日の簡単なお掃除には、どちらの種類の汚れにもある程度の効果が期待できる中性洗剤がよいでしょう。

オススメのお風呂掃除グッズ

スポンジやブラシ、洗剤といった基本のアイテムの他にも、お風呂掃除を楽にしてくれるアイテムはたくさんあります。
今回はその中でも簡単に使えるものをピックアップしてご紹介します!

水切りワイパー

窓を掃除する際によく使われる水切りワイパー。
スクイジーとも呼ばれる水切りワイパーは、お風呂では鏡を掃除するのにぴったりなアイテムです。
鏡につきやすい汚れは水垢です。
きれいに洗い流していても、水滴がついた状態からそのまま乾燥させるだけで白いうろこ状の水垢汚れの原因となってしまうのです。
この水垢汚れを防ぐためには、掃除の最後やお風呂を使った後など、鏡についている水分をしっかり拭き取ることが大切です。
毎日の入浴後に水切りワイパーを使って水分を落としておくと水垢の予防につながり、お掃除も楽になります!

お風呂のふた用のブラシ

お風呂のふたも、汚れが溜まりやすいもののひとつです。
普通のスポンジで洗ってもいいのですが、溝のあるタイプのふただときれいに洗い上げるのも大変ですよね。
そこでオススメなのが、お風呂のふたを掃除するのに特化したタイプのブラシです。
ブラシの毛が風呂ふたの溝を洗うのに適した形になっているので、スポンジでこすっただけでは落としきれない箇所の汚れもしっかりかき出してくれます。
作業が簡単になるだけでなく、お風呂掃除の大幅な時間短縮にもつながるアイテムです。

天井用のブラシ

目の高さより下の箇所の汚れには気が付きやすいですが、その反対に案外見落としがちなのが天井の汚れです。
湿気がこもる浴室の天井は、実はカビが発生しやすい場所のひとつでもあります。
天井まで届くタイプのブラシがあれば、天井の掃除も簡単です!

防カビ剤

カビが発生するのを予防してくれる防カビ剤は、定期的に使用するのがオススメです。
お風呂の汚れの中でも特に頑固なものになる黒カビですが、発生する前から予防できていれば日頃のお手入れやお掃除も簡単になります。
くん煙剤タイプのものを使用すれば、手の届きにくい天井や細かな隙間などのカビもしっかり予防できます!

酸素系の漂白剤

黒カビやぬめりなどの頑固な汚れには、酸素系の漂白剤を使ったつけ置き洗いが有効です。
使い方はとても簡単。残り湯が溜まったままの浴槽に規定量の酸素系漂白剤を入れ、洗面器やお風呂の椅子、浴槽のふた、その他汚れの目立つ小物類を入れて数時間放置した後、浮いた汚れを洗い流すだけでオーケーです。
残り湯をそのまま使える経済的なところもうれしいポイントです。

温度は40度から50度のお湯でつけ置きするようにしましょう。
これくらいの温度のお湯でつけ置きすると、もっとも酸素系漂白剤の効果が発揮されるのです。
残り湯がぬるくなってしまっているときには追い焚きするなどして、お湯を温めてから使いましょう。

便利なアイテムを使ってお風呂掃除を簡単に

便利なアイテムを使ってお風呂掃除を簡単に
からだを洗う場所だからこそ、きれいな状態を保っておきたいお風呂場。
汚れが溜まりやすい分お掃除の大変さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
お風呂掃除が苦手な方、大変だからこそつい後回しにしてしまうという方は、ぜひ今回ご紹介したアイテムを活用してみてください!

近年人気のマイボトル! お気に入り選びのポイントは? 井戸ポンプ情報局

近年人気のマイボトル! お気に入り選びのポイントは?

仕事や学校、お出かけやスポーツ、アウトドアなど様々な場面で便利な「マイボトル」。 最近ではカフェやコンビニなどでマイボトルの持ち込みがOKなところも増えており、各地で「給水スポット」を見かけることも多くなりました。 マイボトルはおしゃれなものから機能的なものなど種類が豊富なので、どれが自分にとってベストなのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで今回は、これから購入を考えている方に向けてマイボトルを選ぶポイントや注意点をご紹介します。 ぜひ参考にして、お気に入りのマイボトル探しにお役立てください!

マイボトルが近年注目を集める理由とは?

年々活用する人が増加している「マイボトル」の最大のメリットとしてまず挙げられるのが、飲み物代の節約です。 仕事や学校へ行く前に、毎日コンビニや自販機でペットボトル飲料を買うという方であれば、1本およそ100円台ですので決して高い金額ではないものの、まさに「塵も積もれば山となる」。 年間の合計金額で考えるとぜひ見直したい節約ポイントです。 自宅でお茶や水を入れて出かけるのはもちろんですが、近年はマイボトル持参で飲食代がお得になるというお店も増えています。 飲み物代の節約については井戸ポンプ情報局で、過去にも取り上げていますのでそちらもご覧ください。(水筒(マイボトル)を使って飲み物代を節約しよう!) そして、一人一人がペットボトルを購入する機会が少なることでゴミの削減につながり、環境負荷の軽減に配慮したエコグッズとしてもマイボトルが注目を集めています。 近年増加している「給水スポット」などもただ便利だというだけでなく、環境保護への取り組みの一環で導入されています。 また、現在はさまざまなデザイン・形のマイボトルが販売されていますので、自分のお気に入りを見つけておしゃれなファッショングッズとして取り入れるのもおすすめですよ。

お気に入りを見つけよう! マイボトルを選ぶポイント

豊富な種類の中から最適なマイボトルを見つけるために最低限チェックしておきたいポイントは主に以下の3点です。 せっかくのマイボトルですから、長く使えるお気に入りを探す参考にしてみてくださいね。

1.素材

マイボトルの素材は主にステンレス製、ガラス製、プラスチック製などに分けられます。素材によって見た目・デザインはもちろん、重さや保湿性も異なりますのでそれぞれの特徴をチェックしてご自分に合ったものを選びましょう。 ただし、素材によってはスポーツドリンクや炭酸飲料などは入れられないボトルがありますので、購入前に必ず確認してください。 ・ステンレス製 ステンレスは保温・保冷力に優れているので飲み物を長時間持ち運びたい方におすすめです。温度をキープできて冬はホット、夏はアイスが長く楽しめます。 また、錆びに強いため衛生面が気になる方でも安心して使えるほか、丈夫で耐久性もあるので落としても壊れにくい素材です。 ・ガラス製 ガラスは透明なクリアボトルになるので、味だけでなく飲み物の色味なども楽しみたい方におすすめです。例えばハーブティーやフルーツウォーターなど色鮮やかなドリンクを入れるとおしゃれに映えます。 また、耐熱性ガラス製の製品であれば温かい飲み物を入れることも可能です。 ただし、ガラス製は割れやすいためなるべく頑丈なモデルを選びましょう。最近では特殊な加工が施された製品も販売されています。 ・プラスチック製 プラスチック製は軽量で持ち運びやすく値段も安価なので、お子様用やスポーツ・アウトドア用などにオススメです。最初のお試しマイボトルとして購入してみるのもよいでしょう。 保温・保冷効果は期待できませんが、割れにくい素材で気軽にペットボトル感覚で使えるため、ランニングやウォーキングで活用している方も多くいらっしゃいます。 ただし、プラスチック製はキズがつきやすいのでお手入れ方法には注意が必要です。 このほかには、丈夫で軽いアルミ製、耐久性が高く保温・保冷効果に優れたチタン製、折り畳むことができるのが魅力のシリコン製などがあります。

2.サイズ

マイボトル選びの際は用途・目的に合わせたサイズのものを購入しましょう。 一般的にマイボトルのサイズはポケットサイズの120mlほどのものから、1リットル以上入る大容量のものまで様々です。 最も主流なのはペットボトルと同じくらいの容量の300~500mlほどですが、スポーツ・アウトドア用としてや一日中出かけることが多い方は大容量タイプを選ぶとよいでしょう。 また、バッグに収まるサイズかどうか、飲み物を入れたときの重さなどは、意外と見落としがちなポイントですのでしっかり確認しておきましょう。

3.洗いやすさ

マイボトルを頻繁に使うという方は、洗いやすさ・お手入れのしやすさについてもチェックしましょう。特に水以外のものを入れる場合はボトルが分解できて中もしっかり洗える製品かどうか確認してください。 水漏れを防ぐために取り付けられているパッキンなどのパーツが簡単に着脱できるかどうか、手やスポンジが入れやすいタイプかどうかなどを基準に、できるだけ形が複雑でないシンプルで洗いやすいものを選ぶのがおすすめです。 また、なかには食洗機で洗えるタイプも販売されているので普段使用している方は確認しておくとよいでしょう。

ライフスタイルや目的に合ったマイボトルを

ライフスタイルや目的に合ったマイボトルを マイボトルを選ぶポイントや注意点についてご紹介しました。 近年は「エコ」が注目され、様々なタイプの商品が販売されていますのでご自分のライフスタイルや目的に合わせて最適なマイボトルを選びましょう! なお、マイボトルも活用できる「給水スポット」については井戸ポンプ情報局で、過去にも取り上げていますのでそちらもご覧ください。(各地で急増中?! 多くの人を無料で潤す「給水スポット」とは?)
意外と知らない?! 植物の上手な水やり方法 井戸ポンプ情報局

意外と知らない?! 植物の上手な水やり方法

植物を育てるために、「水」は欠かせないものです。 とはいえ、「ただなんとなく水をあげていたら、枯れてしまった…」という経験がある方も多いのではないでしょうか? 植物に水をあげる際には、実はいくつかのルールがあります。上手に育てるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

水をあげるタイミングは朝もしくは夕方

植物に水をあげるタイミングは、1日のうちの朝がベストです。 なぜなら植物は、日中に太陽のもとで活動するから。太陽の光を浴びて、植物の細胞は活発に働き始めます。 根っこから吸い上げた水を葉っぱから蒸発させながら、成長を続けているのです。 朝に水やりのタイミングを持ってこれば、植物の生活サイクルに合わせて、その成長をサポートできるでしょう。 「朝は忙しくて水やりできない…」という場合には、夕方に行うのもオススメです。 少しずつ気温が下がってくる時間帯ではありますが、カラカラに乾いた植物はしっかりと水分を吸収してくれます。 反対に、水やりに適していない時間帯は昼と夜です。特に真夏の昼間に水やりをするのは避けてください。 気温が高い時間帯に水をやっても、その温度はすぐに上昇してしまいます。 水の温度が高くなると、大切な植物の根っこにダメージを与えてしまうでしょう。 夜に水やりをした場合、水が蒸発しづらいという特徴があります。 葉っぱや根っこが水に濡れている時間が長いと、植物が病気になるリスクが高まってしまいます。 土がカラカラに乾いている様子を見ると、焦って水をやりたくなる方も多いかもしれませんが、適切な時間帯になるまでぐっと我慢してください。

水やりの回数は季節によって変えるのがオススメ!

植物を育てる際に、「水やりはどれくらいの頻度ですれば良いのか?」と悩む方も多いのではないでしょうか。 植物への水やりの回数は、季節に応じて変えるのがオススメです。 気温が落ち着いている春や秋は1日1回がオススメで、気温が低めの早春や晩秋の時期には、2日に1回程度でも十分でしょう。 夏の暑い時期には、毎日2回、朝と夕方のタイミングで水やりするのがベストです。 ただし梅雨時など、雨の日に水をやる必要はありません。 気温が低い冬の時期は、水のやり過ぎに注意しましょう。週に1~2回、土が乾いたタイミングでたっぷりやるのがオススメです。

水のやり過ぎが良くないといわれるのはなぜ?

植物を育てる際に、「水やりを忘れると枯れてしまう」というのは常識です。根や葉がカラカラになり、徐々にしおれてしまうでしょう。 とはいえ、植物が枯れるのを恐れるあまり、頻繁に水をやり過ぎるのも禁物です。 水を過剰に供給した場合も、やはり植物は枯れてしまいます。 必要以上に水をやっていると、土は常に湿った状態に。 悪化した環境の中で植物の根っこがくさり、水を吸い上げられなくなってしまいます。 どの程度水を求めるのかは、植物の種類によっても異なります。 新しい種類を育てるときには、水やりの頻度についても相談した上で購入するのがオススメです。

水やりのタイミングを見極める方法は主に3つ

やり過ぎても、やらなさ過ぎても、植物の成長に悪影響を与えてしまう水。 初心者でも簡単に水やりタイミングを見極められるよう、3つの方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.水分計を設置する

水分計とは、土に含まれる水分の量を、手軽にチェックできる便利グッズです。 植物の鉢に差し込んでおけば、どの程度乾燥しているのか、瞬時に見極められるでしょう。 家庭用のごくシンプルなタイプの水分計であれば、数百円~千円程度で購入可能。 水やりのタイミングを色の変化で教えてくれるタイプなら、判断に迷うこともありません。

2.割りばしを差して確認する

水分計ほど正確ではありませんが、土の渇き具合は割りばしを差し込むことでも判断できます。 渇いた割りばしを1本用意したら、鉢にそっと差し込んでみてください。 このとき、植物の根っこを傷つけないよう注意しましょう。 抜いた割りばしに土がついておらず、からっとしていれば土が内部まで乾燥している証拠です。 内部が湿っているときには、割りばしに土がくっついてきますから、簡単に見極められるでしょう。

3.葉っぱの状態を確認する

水やりのタイミングは、植物自身が教えてくれるケースも少なくありません。 植物との生活に慣れてきたら、ぜひその葉っぱの状態に注目してみてください。 水分が足りていないときには、葉っぱ全体がしおれかけ、ハリのない状態になることが多いです。 葉っぱが上向きではなく、重力に負けるように下を向いているのも特徴でしょう。 反対に、葉っぱがピンッと上を向き、触った感触もしっとりしている場合、水分は十分に足りていると思われます。 ぜひ普段の様子を気に留めて、より良い環境を用意できるよう意識してみてください。

植物の水やりには井戸水もオススメ?

植物の水やりには井戸水もオススメ 井戸水の性質は地域によってさまざまですが、水道水よりもミネラルが豊富に含まれているケースも多いでしょう。 植物の水やりに使えば、成長に欠かせない栄養分を手軽に与えられる可能性も。また水道料金の節約にもなり、オススメです。 初心者にとっては「なんとなく難しそう…」と感じる水やりですが、ちょっとしたコツさえ頭に入れておけば、失敗リスクは軽減できます。 時期やタイミングを見極めて、適切な回数で実践してみてくださいね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県全域・茨城県を中心に、高品質なサービスおよび作業工事の提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP