Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。
千葉県全域対応

千葉県の専門会社アイエフテクノサービス株式会社
ガス給湯器交換・井戸ポンプ交換・バスリフォームの
エキスパートカンパニーです

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いのガス給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県全域・茨城県を中心にお客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスおよび作業工事をご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

嬉しいメリットがたくさん! 牛乳風呂の効果や作り方、注意点について

毎日のバスタイムをさらに楽しむアイテムとして、最も手軽に取り入れやすい入浴剤。さまざまな効能のものから気分にあわせて選べるのが魅力ですが、最近は銭湯やスパなどで「牛乳風呂」が人気を博していることをご存知でしょうか?
牛乳風呂は湯船に牛乳を入れるだけで作ることができ、入浴剤にも劣らない効果が得られる一方で、自宅で行う際はいくつか注意しておくべきポイントもあります。
そこで今回は、牛乳風呂の効果や作り方、注意点などをご紹介いたしますので、毎日のバスタイムにぜひ取り入れてみてくださいね!

世界三大美女・クレオパトラも愛用?! 牛乳風呂の嬉しい効果とは

湯船に牛乳を入れて作る「牛乳風呂」は、かつて世界三大美女の1人といわれたクレオパトラも愛用していたとされ、主に美容やリラックスなどの効果が期待できる入浴方法です。
牛乳にはカルシウムやたんぱく質、ビタミンやカリウム、乳脂肪などが豊富に含まれており、健康的なドリンクとしてはもちろん、牛乳風呂に浸かることでこれらの栄養分を皮膚からも吸収できるといわれています。
ここでは、牛乳風呂に入ることで得られる効果をいくつか挙げていきます。

美肌効果が期待できる成分が豊富

牛乳に豊富に含まれている「カゼイン」という成分には、古い角質や毛穴汚れなどを取り除いて肌を柔らかくするピーリング効果があります。そのため、牛乳風呂に入ることで毛穴汚れによる肌のくすみや黒ずみ、角栓などを解消させる効果が期待でき、滑らかで透明感のある美肌へと導いてくれます。
そのほかにも、肌の新陳代謝をスムーズにしてくれるビタミンAやビタミンB2といった嬉しい成分が牛乳には豊富に含まれています。

むくみ改善に効果的な「カリウム」も豊富

むくみの原因といわれる体内の余分な塩分を排出させることで、むくみの改善に効果がある「カリウム」という成分も牛乳には豊富に含まれています。
牛乳風呂に浸かりながら気になるところを軽くマッサージしてあげるとさらなる効果が期待できますので、特に足がむくみやすい方はぜひ試してみてくださいね。

心を落ち着かせるリラックス効果

牛乳に豊富に含まれている「カルシウム」には、日頃のイライラやストレスを抑えて精神を落ち着かせるリラックス・安眠効果があります。
また、牛乳の香りにも心を落ち着かせてくれるリラックス効果があります。

冷え性の改善に繋がる効果も

牛乳に含まれている乳脂成分には、肌の表面に膜を作り熱の放出を抑える働きがあります。
牛乳風呂に30分ほど浸かるだけで体を温めて冷えにくくしてくれるので、継続することで冷え性の改善に繋がる効果が期待できます。

そのほかにも、牛乳風呂に浸かることで体臭を抑える効果や、たんぱく質によって髪に栄養を与えて頭皮の新陳代謝を上げる効果などがあるといわれています。

手軽にできる牛乳風呂の作り方

牛乳風呂はさまざまな嬉しい効果が期待できる上、作り方も手間がかからないので忙しい1日を終えて疲れていても簡単に入れるのが大きな魅力です。

浴槽にお湯をためて牛乳を入れるだけ!

まずはいつもと同じように浴槽にお湯をためて、あとから牛乳1パック分(1リットル)を入れてよくかき混ぜるだけで牛乳風呂の完成です。
なお、牛乳は低脂肪牛乳や成分無調整牛乳といったいくつかの種類に分けられ、どれを使用しても問題ありませんが、低脂肪牛乳の場合は通常よりも乳脂肪分が低いため保湿力も低くなります。
また、牛乳風呂を作るのが初めてという方や、牛乳のニオイが気になるという方はまずは500mlくらいから始めていくとよいでしょう。

牛乳風呂のお湯の温度は38〜40度くらいがオススメ!

牛乳風呂を作る際のお湯の温度は38〜40度程度がオススメです。牛乳風呂はなるべくぬるめのお湯にゆっくり浸かって、リラックスしながら体を温める入浴方法が適していますので、熱めの温度にして短時間で済ませると牛乳風呂の効果が薄れてしまう可能性があります。
また、熱いお湯で牛乳風呂を作るとニオイが気になってくるという方もいらっしゃいます。

牛乳風呂に入る時のポイントとしては、無理のない範囲で20~30分ほどお湯に浸かるのがオススメです。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるようにすると体が温まって冷えにくくなります。

牛乳風呂に入る際に注意しておくべきポイント

牛乳風呂は手軽に作れてさまざまな効果が期待できる一方で、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

牛乳アレルギーがある方は注意

牛乳アレルギーがある方は牛乳風呂への入浴は避けましょう。もちろん直接牛乳を飲むわけではありませんが、牛乳風呂はお肌が牛乳の成分を吸収することで美容効果などが期待できる反面、アレルギー反応が出る可能性もあります。なかには、入浴してから体調が悪くなる場合もありますので注意が必要です。
また、アレルギーのない方でも稀に牛乳が肌に合わないことがあります。そのため、まずは足湯から始めてみる又は牛乳を入れる前に肌につけて簡単なパッチテストを行うようにすると安心です。

古い牛乳はなるべく使わない

賞味期限が切れた牛乳を利用して牛乳風呂にするのも良い活用方法ですが、なるべく古くない牛乳を使いましょう。
賞味期限が切れている古いものを使用すると、牛乳風呂のニオイが強くなったり肌に悪影響を与えたりする可能性がありますので、長くても1週間以内を目処にしておきましょう。

入浴後は軽くシャワーで体を流して、早めに湯船のお湯も流す

牛乳風呂を満喫したあとは、シャワーで体を軽く洗い流しましょう。入浴後そのままでも問題ありませんが、ニオイが気になることがありますのでサッと流してから出るとよいでしょう。
また、入浴後はなるべく早めにお湯を流してお風呂を掃除するようにしましょう。牛乳風呂をそのままにしておくと牛乳が腐って悪臭の原因となり、雑菌も繁殖しやすいので衛生面で好ましくありません。日をまたいでの再利用も避けましょう。

牛乳風呂で優雅なバスタイムを!

牛乳風呂で優雅なバスタイムを!
牛乳風呂の効果や作り方、注意点などをご紹介しました。牛乳風呂はご家庭で余った牛乳を利用して手軽に始められるのが魅力であり、入浴剤を購入しなくてもさまざまな効果が期待できるのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
牛乳風呂の注意点をしっかり守って、優雅なバスタイムをお楽しみください。

910 Magazine

ガス給湯器にはどんな安全装置が付いている?

「あれ、お湯が出ない。どうしたんだろう」。
こんなときは給湯器の故障を疑いがちですが、故障以外の何らかの不具合・トラブルが発生したため給湯器の安全装置が作動した可能性も考えられます。
そこで、今回はユーザーの多いガス給湯器に備わっている安全装置の種類についてご紹介します。

ガス給湯器の安全装置の種類

ガス給湯器は、「水道とガスが供給される限りお湯切れの心配がない」「水圧が高い」「設置コストが比較的安価」「設置スペースを取らない」といったメリットがあり、国内では大きなシェアを占めている定番の給湯器です。
しかし、ガスという強力なエネルギーで火を起こすシステムであるため、電気温水器を比べると安全面で多少注意が必要な場面が多々あります。
このため、現在流通しているガス給湯器には次のような複数の安全装置が備わっており、異変を察知すると素早く作動して警報音やリモコンのエラー表示を通してユーザーに各種点検を促す設計になっています。

不完全燃焼防止装置

不完全燃焼防止装置は、酸素不足の状態で稼働している状態になると作動する安全装置です。
酸素不足のまま点火し、燃え続けると一酸化炭素が発生しますが、これが室内に充満すると一酸化炭素中毒事故を引き起こしてしまうため、不完全燃焼の状態をガス給湯器が察知すると稼働が止まるのです。

過熱防止装置

過熱防止装置は、ガス給湯器自体の温度が高温になったときに作動する安全装置です。これ以上高温になって火災になるのを防ぐため、作動すると稼働が止まり、ガスの供給もストップします。

停電時安全装置

停電時安全装置は、停電発生時に給湯器の稼働とガスの供給をストップさせる安全装置です。また、通電後も電気系統の不具合による事故を防ぐため、引き続き稼働中止の状態を維持する役割も担っています。

凍結防止装置

凍結防止装置は、給水配管の凍結によってお湯が出なくなったり、配管が破裂してしまったりすることを防止するための装置です。
一定の温度以下になるとヒーターで配管を温め始めるので、寒冷地にお住まいの方は作動している状態を頻繁に見かけるかもしれません。
凍結防止装置が作動しているときはトラブルが発生しているわけではありませんから、慌てないようにしましょう。

過電流防止装置

過電流防止装置は、ガス給湯器が過剰な電流を察知すると稼働を止める装置です。
雷が近くに落ちたときや、停電から復旧するときには大きな電流がガス給湯器に流れる可能性があり、給湯器の電気系統の故障につながります。
過電流防止装置はこのような故障を防止するための装置なのです。

空焚き安全装置

お湯が入っていない状態で追い焚きすることを「空焚き(からだき)」といい、空焚きの状態が続くと故障や火災の原因になります。
空焚き安全装置はこの空焚き状態を防止するための安全装置で、作動するとガスの供給と稼働をストップさせます。

立ち消え安全装置

立ち消え安全装置は、一度点火した火が何らかの理由により消えた場合にガスを遮断する安全装置です。
この安全装置が作動することで、火が消えたにもかかわらずガスが出続ける事態を防げます。

ガス給湯器の安全装置が作動したらどうすればいい?

安全装置(凍結防止装置以外)が作動した場合はお湯が使えなくなることがほとんどですし、前述の通り警報音やエラー表示が出るので焦ってしまうこともあるでしょう。
しかし、安全装置自体、事故を未然に防ぐためのもの。きちんと作動したということは、まだその時点では大事にならないという意味でもあります。
安全装置が作動したなと思ったら、落ち着いて、すぐにガス給湯器の取扱説明書に目を通し、一体どの安全装置が作動したのか確認しましょう。取扱説明書には警報音やエラー表示の意味、状況別対処法について詳しく解説されているはずです。

不完全燃焼安全装置と空焚き安全装置が作動したらすぐに窓を開けること!

不完全燃焼安全装置と空焚き安全装置が作動したとわかった場合は即座に窓を開けて一酸化炭素を含んだ排気ガスを外部に排出させましょう。そのままにしておくと一酸化炭素中毒事故につながる恐れがあります。
特に室内に設置されている台所用の瞬間湯沸かし器で作動した場合、一酸化炭素が室内に充満しやすいので素早く対処するようにしてください。
また、換気扇を回さないようにしましょう。換気扇では排気ガスを外へ排出できません。

警報音やエラー表示は覚えておいて損はなし!

不完全燃焼防止装置や空焚き安全装置、過熱防止装置など早急な対応が必要な装置の警報音やエラー表示の意味は、メモに書き出していつでも見えるところに貼っておくか、覚えておくことをおすすめします。

安全装置をリセットして使い続けないで!

エラー表示の意味がわからない、あるいはどうしてもお湯を使いたい場合などに安全装置をリセットして元に戻そうとする方がいらっしゃいますが、それはやめておきましょう。
リセットでは根本的な解決になりませんし、何より、不具合・トラブルを放置したままリセットして使い続けることは大変危険であり、大きな事故につながりかねないからです。

したがって、ガス給湯器のコンセントを抜いてリセットし、不具合を直さないで使い続けることはやめましょう。
ガス給湯器を安全に使い続けるためにも、安全装置が作動した場合は業者に点検してもらうことをおすすめします。

まとめ

まとめ
ガス給湯器に備わっている安全装置の種類についてご紹介しました。
安全装置が備わったことで、ガス給湯器に関連する事故は格段に減っています。
しかし、ユーザー側が安全装置の意義・重要性についてしっかり理解していなければ、折角の事故防止効果も半減してしまうでしょう。
今までガス給湯器の安全装置についてご存知なかった方はこの機会にぜひ、取扱説明書に目を通してみてはいかがでしょうか。

意外と知らない! コップ、グラス、カップ、タンブラーの違いや由来とは? 井戸ポンプ情報局

意外と知らない! コップ、グラス、カップ、タンブラーの違いや由来とは?

水を飲む際に、何気なく使うコップやグラス。同じような用途の食器としては、カップやタンブラーといった種類も存在しています。 見た目でこれらの違いを分かっていても、具体的に何が違うのか、うまく説明できない…と感じる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、コップ・グラス・カップの違いについてわかりやすく解説します。 番外編としてタンブラーとの違いについても紹介するので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

見極めのポイントは「素材」と「持ち手」

コップやグラス、カップとは、ご存知の通りどれも飲み物を入れて使う容器を指します。雰囲気に合わせてコップと言ったり、グラスと言ったり…。なんとなく使い分けている方も多いのかもしれません。実は、きちんとした違いがあるのです。 まずコップとは、オランダ語の「kop」という言葉が伝わったもの。もともとの意味は脚付きの杯でした。現代の日本においては、持ち手がなく、飲み物を入れて使う器のことをコップと言います。 コップと言えば、冷たい水を入れて飲むもの、というイメージを抱く方もいるかもしれませんが、実際には温かい飲み物にも使えます。 ちなみに、素材についても特に制限はありません。ガラス製はもちろん、プラスチック製、金属製、紙製、陶器製など、さまざまなタイプのコップが存在しているのです。 一方で、グラスとは取っ手が付いていないガラス製の器を指します。つまり、コップの中でもガラス製のものを、特別にグラスと言うわけです。 グラスの元になっているのは、英語の「glass」という単語です。glassの意味はガラスであり、だからこそ、ガラス製品以外の器はグラスとは呼びません。ちなみにグラスは主に冷たい飲み物用の器です。温かい飲み物には使いません。 そしてカップは、取っ手付きのやや背の低い器を指します。紅茶やコーヒーを入れて使う器を思い浮かべてみてください。取っ手が付いているのは、熱い飲み物でも無理なく飲めるように、という配慮です。カップと言えば陶器製が有名ですが、プラスチック製のカップもあります。カップの語源は英語の「cup」です。

混乱しやすいのは、元となる言葉が違っているから

コップ・グラス・カップという3つの言葉を混同しやすい理由は、「コップ」にあります。グラスとカップだけなら、形状も用途も大きく異なるもの。「冷たい飲み物にはグラス、温かい飲み物にはカップ」と、混乱することもありません。 グラスやカップとは違い、コップだけはオランダ語を語源としています。日本に「kop」という言葉が入ってきたのは、日本が鎖国をしていた江戸時代のことだったと伝わっています。西欧諸国からガラス製品と共に「コップ」という言葉が入ってきたため、ガラス製の器というイメージも強くなっているのでしょう。実際には、さまざまな飲み物用器に対して便利に使える言葉です。 飲み物用の器が欲しいときにカップかグラスかで悩む機会があれば、「コップ」と言えば間違いありません。ただ、さまざまな器を示す言葉だからこそ、その意味が誤解されてしまう可能性もあるでしょう。 温かいドリンクを飲みたいときに「コップください」と言えば、グラスを差し出されるかもしれません。より確実に意味が通じるよう、「カップください」と伝えるのがスムーズです。

【番外編】タンブラーとはどういう器?

タンブラーとはどういう器? 近年、人気を集めているのがタンブラーです。冷たい飲み物を入れて楽しむこともあれば、温かい飲み物を入れるケースもあります。ふた付きタイプを選べば、飲み物の温度を保ちやすくなるでしょう。 タンブラーとは、筒型の形状をしていて底が平らな器のことを言います。取っ手は付いておらず、ガラス製やプラスチック製のほか、ステンレス製や陶器製など、さまざまな材質のものがあります。 タンブラーの元となっているのは「tumbler」という英単語で、もともとは「ガラス製の筒状の器」を指す言葉でした。日本では、元の意味とは少し異なる形で使われているようです。 ガラス製の筒状の器はグラスと表現されるケースも多いもの。グラスとタンブラーをあえて区別するため、「ガラス製以外の筒状の器」を示すことも多いようです。 もちろん、タンブラーもコップの一種です。ただ単純に「コップください」と伝えただけでは、タンブラーを渡される可能性もあるという点を、頭に入れておきましょう。

コップ・グラス・カップ・タンブラーを正しく使おう

コップ・グラス・カップ・タンブラーは、どれもドリンクを飲む際に使われる器です。なんとなく違いを意識してはいても、いざそれを言葉で説明しようとするのは難しいもの。とはいえ、それぞれの違いを把握していなければ、自身の意図を正しく伝えられない可能性もあるでしょう。 コップという大きな一つの括りがあって、グラスやカップ、タンブラーはそこに含まれるものです。それぞれにより詳細な条件がありますから、事前にチェックしてみてください。素材や持ち手に注目してみれば、新たな発見もできるのではないでしょうか。 また、グラスやカップ、タンブラーは、身近な人への贈り物としても人気の品です。「コップならどれでもいい」と考えるのではなく、その用途や材質にまでこだわってみると、理想の品物を見つけやすくなるでしょう。 グラスにするのかカップにするのか、それともタンブラーを選択するのか。相手の好みのドリンクや普段の生活習慣をイメージしてみて、ぴったりのコップを選んでみてくださいね。
非常時の水分補給としてもNG? 雪を食べてはいけない理由 井戸ポンプ情報局

非常時の水分補給としてもNG? 雪を食べてはいけない理由

冬といえば、ふかふかに積もった雪を見て、ウキウキな気分で雪合戦をしたり雪だるまを作ったりと、子供時代の楽しい思い出がたくさん残っている方も多いことでしょう。 なかには、ふわふわな新雪がまるで出来立てのかき氷のように見えて、つい食べようとしたところ「雪は汚いから食べたらダメだよ!」と怒られてしまった苦い思い出があるという方も。 雪は一見キレイに見えても、さまざまな不純物が含まれているため大量に食べてしまうと体調を崩す恐れもあり、雪山で遭難したときなどの非常時に水分補給としてもそのまま口にしてはいけないそうですが、雪には具体的にどんな不純物が含まれ何故食べてはいけないのでしょうか?

環境汚染物質が含まれていることも? 雪を食べてはいけない理由とは

雪が積もって白銀の世界が広がる光景は、美しい冬の魅力の一つ。 しかし、雪には「エアロゾル」と呼ばれる空気中に漂うさまざまな不純物が含まれており、塵やホコリ、花粉などの小さな粒子が付着しています。 雪は水蒸気からできた氷の結晶なのでとてもキレイに見えますが、塵やホコリなど空気中に飛散しているゴミが結晶の核=中心となって構成されているので、雪を食べるのは空気中のゴミを食べているということになるのが「汚いから食べたらダメ!」と言われる理由です。 とはいえ、私たちは普段から呼吸で塵やホコリを吸い込んでおり、雪に含まれるゴミの量も少量なので少し食べたくらいでは問題ないことがほとんどですが、積もってから時間が経った雪は地上のさまざまな汚れも付着しているので、万が一お子さんが口にしようとしていたらしっかり注意しましょう。 実際に道端の雪を食べてしまい、腹痛で緊急搬送されたという例も報告されています。 また、降ったばかりの雪であっても、地域によっては「硝酸イオン」や「硫酸イオン」、「PM2.5」といった環境汚染物質が含まれている危険があるので、「雪を食べるのは危ない」という認識は常に心がけてください。 雪は雨よりも地面に落ちるスピードが遅い分、空気中の塵やホコリだけでなく、環境汚染物質などもより多く含んでいる恐れがあります。

雪が降ったあとはペットの散歩中にも注意が必要

雪を食べてはいけない理由は先述のとおりですが、犬や猫を飼っている方はペットが誤って雪を口にしないように気をつけてください。動物の場合はさらに次のポイントに注意が必要です。

凍結防止剤や融雪剤が散布されている可能性がある

特に犬を飼っている方は、お散歩のときに誤って雪を食べてしまわないようにしっかり見張っておくようにしてください。 雪が降りやすい地域では、歩道や車道などに凍結防止剤や融雪剤が散布されている可能性があるためです。これらは雪を溶かすための薬剤であり、誤って口にしてしまうと塩化ナトリウムといった原料が原因で体調不良を引き起こす恐れがあります。 普段は雪があまり降らない地域であっても、降ったあとは念のため注意しましょう。

さまざまなゴミ・汚れが混じっていることも

凍結防止剤や融雪剤以外にも、積もった雪の中にはさまざまなゴミ・汚れが混ざっている危険があります。例えばタバコの吸殻、砂・石、植物などが混じっていて万が一ペットが誤って食べてしまうと大きなリスクが伴います。 また、他の動物の排泄物が雪に混じっていることもありますので散歩の際は注意してください。 これらは主に犬や猫などの動物が巻き込まれやすいトラブルの例ではありますが、もちろん人間も同様に重大なリスクが伴いますので、積もってから時間が経った雪は食べることはもちろん、触れるのもなるべく避けた方がよいでしょう。

雪山で遭難したときなど非常時の水分補給としても雪はNG?

雪を食べてはいけないと理解していても、万が一雪山などで遭難してしまって食料もないときは「非常時なので口にするのは仕方がないだろう」と考える方もいらっしゃることでしょう。 しかし、もしも食料や飲み物が尽きて喉が渇いても、水分補給としてそのまま雪を食べるのは危険といわれています。 雪を口に含むと、体内で雪を解かして水にしようとするのにカロリーを消費し、実はかえって体力を消耗する原因となります。 例えば、1グラムの水の温度を1度上げるために必要なエネルギーは1カロリーですが、1グラム0度の雪(氷)を0度の水にするためには約80カロリーものエネルギーが必要になるため、雪を食べてしまうとさらに喉が渇き体力を消耗してしまうのです。 さらに、雪自体がとても冷たいため身体の体温が下がる原因となり、水分補給したつもりがより危険な状態になる恐れがあります。 また、雪が降った際にふざけて大量に食べてしまったあと、腹痛で緊急搬送されたというケースがありますが、これは雪に含まれていた成分が原因となっただけでなく上記の理由で急激に身体が冷えてしまった可能性も考えられます。

まとめ

まとめ 雪を食べてはいけない理由についてご紹介いたしました。 雪には塵やホコリなどが含まれているほか、思わぬ環境汚染物質が混じっている危険もあり、腹痛などさまざまな体調不良を引き起こす原因になりますので、万が一お子さんが口にしようとしていたときは今回ご紹介したポイントを踏まえて「雪は汚いから食べたらダメだよ!」としっかり注意してあげてくださいね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県全域・茨城県を中心に、高品質なサービスおよび作業工事の提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP