Changes Life.

快適な暮らしは「水」から始まる。
千葉県全域対応

千葉県の専門会社アイエフテクノサービス株式会社
ガス給湯器交換・井戸ポンプ交換・バスリフォームの
エキスパートカンパニーです

アイエフテクノサービス株式会社は、ご家庭・企業でお使いのガス給湯器・井戸ポンプの販売・交換・設置工事・修理やバスリフォーム等に特化した水周りのエキスパートカンパニーです。
千葉県全域・茨城県を中心にお客様のご希望・ご要望に添う形で、ご満足いただける高品質なサービスおよび作業工事をご提供いたします。

Service アイエフテクノサービスが提供するサービス

給湯器 給湯器 Water Heater
  • お湯の出が悪い、お湯が出なくなった
  • お湯の温度が不安定
  • 追炊きができない、など

給湯器のトラブル・お悩みを迅速解決いたします!
給湯器の販売、給湯器新規取付、給湯器故障時の交換・修理対応、その他トラブル対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で承っております。

バスリフォーム バスリフォーム Bath Reform
  • お風呂の浴槽がヒビ割れてきている
  • お風呂のタイルが割れてきた
  • 冬場はすぐにお湯が冷めてしまう、など

お風呂に関するトラブル・お悩み解決いたします!
システムバスへの交換をはじめ、ご要望に応じたバスリフォームを、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

給湯器 井戸ポンプ Well Pump
  • 井戸ポンプが回らない、回らなくなった
  • 漏電、水漏れした
  • 井戸ポンプから異音がする、など

井戸ポンプに関するトラブル・お悩み解決いたします!
井戸用ポンプの販売、故障時の交換・修理、新規井戸掘り工事、地下水
水質改善、その他対応を、千葉県・茨城県・東京都を中心に365日年中無休で迅速に行ないます。

Column 給湯器や井戸ポンプのお役立ち情報

910 Magazine

ライフスタイル・家族構成に合わせて選ぶ浴槽デザイン

「お風呂をおしゃれにリフォームしたい」という気持ちはあっても、実際どんなデザインがおしゃれか、素材はどんなものがいいか……具体的にはイメージできないまま、なかなか選びきれずに悩んでしまうこともありますよね。
また、おしゃれさだけではなく、お手入れのしやすさや使い勝手の良さなど機能面も重要なポイントです。
家族構成やそれぞれのライフスタイルによって、使い勝手の良いお風呂は違いますよね。
今回は、家族構成やライフスタイルにも注目しながら、おすすめの浴槽デザインについてご紹介します。

まずは素材選びから

これまであまり意識したことがないという方も多いかと思いますが、浴槽に使われる素材にはいろいろな種類があります。
見た目はもちろん、質感や触れたときの肌触り、お手入れが簡単かどうかなど、ひとつひとつに特徴があります。

また、耐久性や防汚性にも違いがありますので、見た目の好みだけでなく素材としてのそれぞれの特徴を知った上で選ぶようにしましょう。

浴槽に使われる主な素材

FRP

もっとも広く普及している素材がFRPです。
ガラス繊維強化プラスチックという樹脂からつくられている素材で、軽量かつ丈夫、値段も比較的お手頃価格であるのが特徴です。
カラーバリエーションも幅広く取り揃えられていて、見た目も妥協せずに選べます。
汚れが付着しやすいという弱点がありますが、近頃はこのデメリットも改良されつつあるようです。

人工大理石

FRPと並んでよく使われる素材である人工大理石は、大理石のような美しい風合いを楽しめるだけでなく、機能面でも汚れが落としやすいという魅力を持っています。
原材料はアクリル系樹脂とポリエステル系樹脂の2種類で、ポリエステル系の方が安価です。
ただ素材としてはアクリル系の方がより品質が高く、光沢の美しさや丈夫である点などでポリエステル系の人工大理石よりも勝っています。

ホーロー

高級感のある素材としてはホーローが人気です。
鋳物や鋼板をガラス質の釉薬で覆ったもので、ガラスにしか出せない美しい風合いや肌触りなどが魅力の素材です。
注意点としては、かなり重量のある素材なので、浴室が2階以上の階にある場合は床面などの強度が一定以上ないと設置できないことが挙げられます。
2階よりも上の階にあるバスルームの浴槽をホーローにリフォームしたいときにはあらかじめ調べておきましょう。
表面を覆うガラス質が何らかの理由で破損し本体である鋳物や鋼板まで水が染み込んでしまうと、内部で錆びてしまう点もデメリットといえます。

浴槽の形状は使いやすさで選ぶ

浴槽の形状としては、シンプルな長方形の「ストレート浴槽」が一番スタンダードですが、他にもさまざまな形の浴槽があります。
それぞれにメリットや特徴があり、家族構成や入浴スタイルによって一番使い勝手が良い形状は変わってきます。

デザイン性を重視するだけでなく、家族みんなが使いやすい形状を探してみてください。

浴槽の主な形状

たまご型浴槽

丸みを帯びたデザインで、優しい印象の浴槽です。
湯船に余裕を持って浸かり、リラックスできる時間を過ごしたい方におすすめです。

ワイド型浴槽

たまご型浴槽よりもさらに広々としていて、大人の男性でも手足を伸ばせるような余裕があります。小さいお子様がいるご家庭など、親子揃ってお風呂に入る機会があるご家庭にもおすすめの形状です。
浴槽内にベンチが付いているタイプのものなら、小さいお子様も深さを気にせずゆっくり座ってお風呂を楽しめます。

アーチ型浴槽

入りやすい形状の浴槽としては、アーチ型浴槽がおすすめです。
アーチ型浴槽では浴槽の縁がアーチ状にカーブを描いていますが、そのカーブになっている部分は縁が若干薄くなっています。
そのため、薄い部分を手で掴んで支えにしながら入りやすい浴槽となっています。
年配の方や小さなお子様がいるご家庭におすすめの形状です。

スペースにフィットする形の浴槽

バスルームのつくりによっては、これまでに紹介してきたような形状の浴槽を置くと、洗い場が狭くなってしまうこともあるでしょう。
できるだけ洗い場の広さにゆとりを持たせたい場合におすすめなのが、バスルームの形にしっかりフィットするような形状の浴槽です。

たとえばバスルームの角にぴったりフィットするような形状の「コーナー浴槽」なら、全体的にとても開放的で広々とした印象のバスルームになります。
狭いバスルームはもちろん、細長い形のバスルームにもおすすめの浴槽です。
ただ、コーナー浴槽は脚を伸ばして入浴するのは難しいのがネックです。

洗い場の広さや開放感をキープしつつ、脚を伸ばせる浴槽も諦めたくないという方には「斜め浴槽」がおすすめです。
斜め浴槽は、名前の通り洗い場の方に面している一辺が斜めになっている形の浴槽です。
斜めになっている分洗い場の広さも若干確保できますし、浴槽が縦に長いので脚を伸ばして入浴することも可能です。

Sライン浴槽

節水を心がけたい方におすすめなのが、Sライン浴槽と呼ばれる形状のものです。
浴槽の内側に段差が設けられている分、少ない水量で浴槽がいっぱいになります。
この段差は足を載せる台としても使えますし、小さなお子様であればベンチとしても活用できます。半身浴を楽しむ際にも便利ですね。

まとめ

まとめ
浴槽の素材や形状を中心に、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しました。
おしゃれなバスルームにするには浴槽のデザインにももちろんこだわりたいところですが、家族みんなが使いやすいデザインの浴槽であることも大切ですよね。
今回の記事を参考に、見た目も使い勝手も自分好みの浴槽デザインを探してみましょう!

910 Magazine

入浴中からボディケア! バスタイムに取り入れたい、お肌の乾燥を防ぐアイデア

きめ細やかで美しい状態のお肌を保つためには、できるだけ乾燥を避けることが大切です。
化粧水や乳液、美容液、パックなどさまざまなアイテムを駆使してスキンケアをがんばっているという方も多いですよね。
ですがそれはお顔のスキンケアの話。ボディケアについてはなんとなく後回しにしてしまっていたり、ついつい適当になってしまっていたり……そんな方も少なくありません。
秋から冬にかけては、お肌が特に乾燥する季節でもあります。自分でも気がつかないうちにお肌にダメージを与えているかもしれません。
秋冬を乗り越えてくれたお肌を労る意味も込めて、しっかりボディケアに取り組んでみるのはいかがでしょうか?

そこで今回は、バスタイムに取り入れられる保湿ケアのコツについてご紹介していきます!

入浴中にも進むお肌の乾燥

入浴中はお湯をたっぷり使うため、バスルームは湿度の高い状態に保たれています。
肌も常に濡れているため乾燥とは無縁に思えますが、実は見えないところで乾燥が進んでしまうことも。
お風呂で肌の乾燥が進んでしまう理由のひとつは、皮脂やセラミドをはじめ、お肌がもともと持っている天然の保湿成分が流れ出てしまうことです。

お風呂に浸かっているとお肌はたっぷりと水分を含んでくれるのですが、そのせいでかえって乾燥しやすい状態になってしまうのですね。
熱いお湯でのシャワーや入浴が好きな方、長風呂が好きな方は特にお肌が乾燥しやすいです。熱いシャワーはさっぱりとして心地良いですが、お肌のためには38度ほどのぬるま湯を使うのがオススメです。

また、体を洗う際に使うタオルも乾燥の原因となります。
特にナイロンタオルを使って、肌をごしごしとこするように洗う方は要注意。
必要な分の皮脂や保湿成分まで落としてしまう上、肌への刺激が強すぎるため、乾燥や肌荒れ、ニキビ等の原因になる可能性があります。

できるだけ肌への刺激を抑え乾燥や肌荒れを防ぐためには、ボディソープや石鹸をふわふわに泡立て、その泡を掬ったてのひらで肌を撫でるように洗うのがポイントです。
また、保湿成分が含まれているソープを使うのもオススメ。
乾燥が気になる際には、スペシャルなケアとして保湿成分が豊富に含まれているボディソープに切り替えてみてもいいですね。

効果的な保湿ケアのポイントは?

お湯の温度はぬるめに、体を洗うときはあまり強くこすらず、優しくさわる……自分で工夫できる部分はありますが、どれだけ気をつけていても入浴することでお肌が通常よりも乾燥しやすい状態になってしまうことは避けられません。
ですがお肌が持っている皮脂などが流れ出しやすいということは、逆に外からの成分も浸透しやすいということ。
入浴中、そして入浴後の肌は乾燥しやすくなっている一方で、水分などをよく吸収する、スキンケア・ボディケアに適した状態でもあります。

だからこそ、入浴後のスキンケアが重要だといわれているんですね。

入浴したらその後すぐに保湿をしなければいけないとしばしばいわれていますが、実はそこまで焦る必要はありません。
もちろん肌がつっぱりはじめるなど乾燥しているのが実感できるような状態になる前に保湿するべきではありますが、ゆっくり保湿ケアをしても十分間に合う程度の余裕はあるはず。
とにかくすぐに保湿しなければ!と、焦りすぎるとかえってケアがおろそかになってしまうこともあるでしょう。
お風呂から上がったら、心にゆとりを持って丁寧に保湿ケアをしていくのがオススメです。

また、体を洗うときと同様に、バスタオルで肌をごしごしこするように拭くことは避けましょう。肌の乾燥を防ぐためには刺激を避けることが重要です。
バスタオルでぽんぽんと肌を押さえるだけでも十分水分は拭き取れますので、優しく触れるよう心がけてみてください。

入浴中から使える保湿アイテムも活用しよう!

入浴中から使える保湿アイテムも活用しよう
先ほどは入浴後の保湿ケアについてお話しましたが、お肌の乾燥がはじまっている入浴中から保湿アイテムを取り入れるのもオススメです。
保湿ケアといえばやはりお風呂上がりにローションやクリーム、オイルなどを肌に塗るというイメージが強いですよね。
ですが肌が乾燥しやすく、なおかつスキンケアに適した状態になるのは入浴中からのこと。
入浴中から保湿ケアを取り入れていれば、入浴後に行うケアとあわせて万全の乾燥対策ができるはずです。

保湿成分が含まれた入浴剤

バスタイムに手軽に使える保湿アイテムとしてオススメなのは、保湿成分が含まれている入浴剤です。
保湿成分が含まれたお湯に浸かることで、有効な成分がしっかりお肌に浸透し、入浴後の乾燥を防ぐことができます。

濡れた状態で使えるボディクリーム

また、簡単でお手軽な保湿ケアを探しているという方には、お肌が濡れた状態でも使えるボディクリームがオススメ。濡れたお肌に直接塗れるので、入浴後ではなく入浴中に使えます。
お風呂上がりにボディクリームを塗る、と聞くとごく簡単なことに思えますが、実際はバスルームから出た後の寒さを堪えて急いで塗らなければいけない分、それなりにハードルの高い作業ですよね。
暖かいバスルームで使えるクリームを活用すれば寒さを我慢する必要はもちろんありませんし、急いだせいでケアが雑になったり、塗り残しが出たりといったことも少なくなるでしょう。

体を洗い終わってバスルームを出る直前に塗るタイプの他、塗った後にもう一度シャワーで洗い流すタイプのものもあります。
最後にもう一度シャワーを浴びてからだを温めたいという方には、こちらのタイプのボディクリームがオススメです。

まとめ

今回は、入浴後、そして入浴中にもできる保湿ケアについてご紹介しました。
お顔のスキンケアと比べるとつい後回しにしてしまいがちなボディケアですが、お肌が乾燥し潤いが失われると肌荒れやかゆみの原因にもなります。
ぜひ自分に合っている方法を見つけて、毎日の保湿ケアを継続していきましょう!

おすすめの水の飲み方! タイミングと量について 井戸ポンプ情報局

おすすめの水の飲み方! タイミングと量について

人間が生きていくために、欠かせないのがお水です。日々しっかりと水を飲むことで、健康や美容に嬉しい効果が期待できるともいわれています。 とはいえ、「具体的にいつどのくらい飲めばいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、おすすめの水の飲み方について解説します。

水を飲むのに適したタイミングとは?

水を飲むタイミングと言えば、「喉が渇いたとき」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 しかし、人間が1日に必要とする水分量は2,200~2,500ミリリットルといわれています。 食事から補給できる水分量ももちろんありますが、「喉が渇いたときになんとなく飲む」というだけでは、水分が不足してしまう可能性もあるのです。 だからこそ朝起きたときや食事前、運動や入浴の前後、就寝前のタイミングでは、ぜひ意識して水分を摂取してみてください。 朝起きたときは、体がカラカラに乾いている状態です。起き抜けに1杯の水を飲むことで、体を上手く覚醒させられるでしょう。 運動や入浴は、汗で水分を失いやすいシチュエーションです。 ぜひ、「喉が渇いた」と感じる前のこまめな水分摂取を心掛けてみてくださいね。 また食事の前、つまり胃が空っぽの状態で水を飲むと、水分の吸収効率がアップするといわれています。

1回あたりのおすすめ摂取量とは?

水を飲む際には、「1度に大量に飲む」よりも「少しずつこまめに摂取する」方がおすすめです。 1度あたりの適正量は、コップ1杯程度、つまり180~200ミリリットル程度を意識してみてください。 1度に大量の水を飲んでも、体内に吸収できる量は限られています。 余分な水分として排出されるばかりでは、トイレが近くなってしまうでしょう。

その他の注意点

水を飲む際には、タイミングと量以外にも、いくつか注意したいポイントがあります。 効率良く水分摂取するためにも、ぜひ意識してみてください。 まず、水の温度が冷たくなり過ぎないように注意しましょう。 常温で飲むのが一番ですが、飲みづらいと感じる場合は、11~15度程度を意識してみてください。 これ以上温度が低いと、胃腸への負担が大きくなってしまうほか、体が冷えてしまう恐れもあります。 また、こまめに飲む水ですから、味も重要なポイントです。 水道水を飲む場合、沸騰させてカルキ抜きをしたり、レモンを浮かべたりするだけでも味が変わります。 竹炭や活性炭、麦飯石も、水を美味しく飲むための工夫におすすめですよ。

適切な水分摂取で潤いのある毎日へ

適切な水分摂取で潤いのある毎日へ 忙しい日々の中で、「つい喉がカラカラになるまで我慢してしまう」という方も多いのではないでしょうか。 喉の渇きを感じるタイミングは、すでに体が脱水状態に陥っているといわれています。 今回紹介したポイントも踏まえて、ぜひ上手な水分補給を心掛けてみてくださいね。
お米を炊くときのベストな水の量は? おいしくなる水選び 井戸ポンプ情報局

お米を炊くときのベストな水の量は? おいしくなる水選び

私たち日本人にとって、日々の食事に欠かせないものと言えば、「お米」です。 炊きたてのご飯が放つ香りは、なんとも言えず食欲をそそるもの。「ご飯とご飯のお供さえあれば満足できる!」という方も多いのかもしれませんね。 お米をおいしく炊き上げるために、欠かせないのが水ではないでしょうか。 そこで今回は、知っているようで意外と知らない、お米を炊く際の水のポイントについて解説します。

おいしいご飯を炊きたい!水の種類は何を選ぶ?

おいしいご飯を炊くためには、まず水の種類からこだわってみましょう。 ひと言で水と言っても、その種類はさまざまです。 どの水を選ぶのかによって、焚きあがったご飯の味や香りは変わってきます。 お米を炊くのに適した水の条件は、「軟水であること」と「無味無臭であること」です。 軟水というのは、硬度の低い水のこと。 カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が比較的少ないため、口当たりがまろやかで飲みやすいという特徴があります。 水道水を含め、日本で一般的に入手しやすいのは軟水ですから、お米を炊くのに適しているといえるでしょう。 ちなみに、ミネラル分が多い硬水を使用すると水分がお米の内部に浸透しづらくなります。 ふっくらとした食感に仕上げるのが難しくなってしまうでしょう。 また、水の味や香りも重要なポイントになります。 硬度の面からはお米を炊くのに適している水道水ですが、カルキ臭が気になってしまう可能性も。 そのため「一度煮沸する」「汲み置きしておく」などといった方法で、カルキ抜きをしてから使用するのがオススメです。カルキの味や臭いが、そのままお米に移るのを防いでくれるでしょう。 「毎日の食事作りのことだから、それほど手間はかけていられない」という場合は、ミネラルウォーターや浄水器を通した水を使用するのがオススメです。 ミネラルウォーターを選ぶ際には、硬度に注意してみてください。国産の水であればほぼ軟水ですが、海外産のものには硬水が多く見られます。お米を炊くための水は、国産の軟水を選択するのがオススメです。

お米を炊くのにベストな水の量は?

お米を炊く際に、重要なポイントになるのが水の量です。 どれだけおいしいお米と水を使っていても、両者のバランスを間違えれば、理想の仕上がりにはならないでしょう。 水が多すぎるとベチャベチャした食感に。 反対に少なすぎると、お米に芯が残った仕上がりになってしまいます。 炊飯器でお米を炊く場合、お釜の内部に水の量を示す線が記されていますから、こちらに合わせて炊くのがオススメです。 計量カップでお米を量るときには、すりきりを使って正確な量をすくいとりましょう。 お米の計量を適当にすると、内側のラインに合わせて水を入れても炊き上がりがいまいちになってしまう恐れがあります。 炊飯器以外でお米を炊くときには、お米の量に対して1.1倍~1.2倍程度で水の量を調整すると良いでしょう。 たとえば、お米1合を炊く場合の水の量は200ccが基本です。 硬めのご飯が好きな方は180cc程度、柔らかめのご飯が好きな方は230cc程度までで調整してみてください。 お米の量を2合、3合と増やす場合、水の量も2倍、3倍…といった要領で増やしていけばOKです。

お米の種類によってもベストな水の量は変わる!

お米の種類によってもベストな水の量は変わる 近年、お米の種類も多様化しています。先ほどご紹介した水の量は一般的な白米の場合です。 お米の種類や状態によってもベストな水の量は変わってきますから、注意してください。

新米の場合

毎年秋に出回る新米は、鮮度が良く一般的なお米に比べて水分量が多いという特徴があります。このため、普段通りの水加減で炊くといつもよりも柔らかめに仕上がりがちです。 新米を炊く際の水加減は、いつもよりも気持ち少なめを意識すると良いでしょう。 ただし、新米にもさまざまな種類があり、実際の水分量はお米の種類によっても異なるもの。やや少なめから、少しずつ調整していくのがオススメです。

古米の場合

古米の場合は新米とは逆で、お米に含まれる水分量が少なくなります。普段通りの水加減で炊くと、パサついてしまう恐れがあるでしょう。 普段よりもやや多め、お米の量に対して1.2~1.3倍程度を意識するのがオススメです。

無洗米の場合

いちいちお米を研ぐ手間がない無洗米は、忙しい現代人にとって強い味方。加工段階で、あらかじめぬかが取り除かれているという特徴があります。 このため、同じ1合でも一般的な白米よりも多くなるという点を頭に入れておきましょう。 こちらの場合も普段よりやや多め、お米の量に対して水の量を1.2~1.3倍程度に調整するとおいしく炊き上げられます。

玄米の場合

玄米の特徴は水を含むまでに時間がかかるという点です。このため、白米よりも多くの水で炊き上げる必要があるでしょう。 オススメの水の量は、お米の量に対して1.7倍程度です。炊く前に数時間かけてしっかりと浸水させることで、さらにおいしく仕上げられます。

もち米の場合

もち米の場合、お米と同量の水で炊き上げるのがオススメです。 もち米には、白米よりも多くの水溶性食物繊維が含まれており、炊いたときに水と同じような役割を果たしてくれます。 水の量を多くし過ぎると、ネバネバというよりもベタベタとした仕上がりになってしまいますから、注意してください。

毎日のご飯は水の工夫でもっとおいしく!

日々何気なく口にしているご飯ですが、おいしく炊けるようになれば、食事はもっと楽しくなるでしょう。 ご飯をおいしくするため、お米の質や種類にこだわる方は多いはずです。ぜひ水の種類や量にもこだわってみてください。普段のお米が、さらにおいしくなりそうですね。

Topics アイエフテクノサービスからのお知らせ

サービスエリア
サービスエリア サービスエリア Service Area
サービスエリア Service Area

千葉県全域・茨城県を中心に、高品質なサービスおよび作業工事の提供を行っております。

よくある質問
よくある質問 よくある質問 FAQ

給湯器や井戸ポンプに関するよくある質問を一覧にしてまとめました。

よくある質問 FAQ

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP