ガス給湯器の「号数」について Capacity

ガス給湯器の「号数」について

ガス給湯器を購入・交換する際は「号数」を選択する必要がありますが、この号数が具体的に何を意味し、どのような違いがあるのか詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか。

ノーリツやリンナイなど多くの一般家庭で使われているガス給湯器には、16号・20号・24号といった号数がありますが、これは「原水温+25℃のお湯を1分間に何リットル流すことができるか」という給湯能力を示しています。
たとえば、16号であれば1分間に原水温+25℃のお湯を16リットル出せる計算に。
つまり、号数が大きいほど給湯能力が高くなり、号数が小さいほど給湯能力も下がって水圧も弱くなるのです。

お湯を貯められるタンク容量(リットル)と加熱能力(kW)で給湯能力を表示するエコキュートとはまったく異なるため、初めてガス給湯器を導入する場合は戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。

なお、お湯の利用状況によっては今より号数を下げる方がガス代の節約になる場合もあるため、同居家族の人数やライフスタイルに見合ったガス給湯器を選ぶ必要があります。
お子さんが巣立ったときや、二世帯住宅にするときなどは号数見直しの絶好のチャンス。
号数の選び方に困っている方は専門の業者にきいてみるのもおすすめですよ。

16号がオススメの世帯

複数箇所からお湯を出すことが滅多にない単身者であれば16号がおすすめです。

16号あれば冬場のシャワーも気兼ねなく使えます。

20号がオススメの世帯

夫婦やパートナーなど2人〜3人での暮らしには20号がおすすめです。
お風呂でシャワーを使いながら、キッチンでお湯を使ってお皿を洗うなど同時に作業をしても問題はありません。
ただし、小さなお子様などがおり、これからお湯をたくさん使う可能性がある方はもう一段階上の24号を検討してみるのもいいかもしれません。

24号がオススメの世帯

4人以上で暮らす場合は24号をおすすめします。
シャワーとキッチン、洗面所など複数箇所を同時に使用する場合もストレスなく使えます。

28号がオススメの世帯

5人以上が暮らしている場合は複数人が同時に複数か所でお湯を使う機会も想定されます。
そのため、使用中にお湯が出なくなる事態が起きないように28号を選択するのも手です。

エコキュートからガス給湯器に交換する場合の号数の選び方

ガス給湯器の「号数」について

エコキュートからガス給湯器に交換する場合は給湯能力の表示が異なるため注意が必要です。
エコキュートの給湯能力は電気でつくったお湯を溜めるタンク容量(リットル)と加熱能力(kW)で表しますが、ガス給湯器の号数と照らし合わせるときはタンク容量の方をチェックしましょう。

エコキュートのタンク容量180リットル(1~2人)、370リットル(3~4人)、460リットル(4~5人)、550リットル(5~7人)はガス給湯器の号数に換算した場合それぞれ16号、20号、24号、28号になります。

さらに「【号数】×25÷(設定温度-水温)」で、「その【号数】で1分間につくられる設定温度の湯量
が算出できます。具体的にライフスタイルが確立されている方は目安として計算してみてもいいかもしれませんね。

また、お子様の独立などによってお湯を使う人が減ったなどの場合、号数をダウンする事でお湯の使いすぎを減らし、節約できることもあります。
意図して大量のお湯を作らなければ、号数をわざわざ下げなくても問題はありませんが、交換のタイミングがあれば号数ダウンを考えてみてもいいかもしれないです。

また、号数をセルフ判断に困っている方は専門の業者にきいてみるのもおすすめですよ。

Contact

ご質問・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

0120-048-222

365日迅速対応可能

TOP